サービスメニュー

  1. HOME
  2. 雨漏り調査・補修工事※マンション・ビル
  
雨漏り調査・補修工事※マンション・ビル

総数4件 1

マンションの雨漏り調査

まずは雨漏りしている位置の上部階開口部回り。しだいに範囲を広げていくことに!!浸水口は思わぬところに!!!

マンションでの雨漏り。
部屋の中に雨漏りしているが、原因が分からない。
部分的な補修を繰り返しているがなかなか雨漏りが止まらない!!
そんな時は原因を究明すること!雨の入り口を特定することが大切です。
雨漏りを止めるのは簡単ないからこそ、まずはしっかりとした調査を行い、雨漏りの原因となっている雨の入り口を特定し、適切な補修をすることが、雨漏り解決への近道です。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

マンションの雨漏り補修

散水調査により、浸水口(外壁クラック及び笠木継ぎ目)を特定。不具合箇所を補修し、周辺の外装面にも対する防水処理を施す。外壁塗装により工事完了。

目視による不具合(外壁の割れやヒビ、防水材の劣化など)が確認できる場合には、先行して補修工事を行うこともありますが、外装を見ただけでの判断が難しい場合には、実際に水をかけて雨漏りを再現する調査により、雨水の入り口を特定してからの補修工事を行います。
原因を特定することにより確実に雨漏りを止めることができるのです。
しかし、同じ位置への雨漏り原因が2ヶ所以上ある場合には、次の調査を実施し確実に入り口をつぶして行くことになります。
そのためにもしっかりとした調査と確実な補修工事が必要なのです。
なかなか止まらない雨漏りでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

ビルの雨漏り調査

鉄骨造の雨漏り調査雨水の浸水口漏水を再現することで、雨の浸水口(不具合箇所)を特定

都心のビルでの雨漏り散水調査は、散水する水の飛散の問題により現実的には散水調査は難しいのが現状ですが、状況によっては散水を実施し雨水の入り口を特定することも・・
また一般的なビルの構造は鉄筋コンクリート造の建物が多く、調査により漏水を再現するまでの時間がかかることもふまえ、足場を組み上げ、養生を施し調査を実施するケースも!!
雨漏りでお困りの方は、ご相談ください。

ビルの雨漏り補修

防水補修工事特殊な形状のビルピンポイント防水補修

部分的な雨漏りに対する補修工事には、大掛かりな足場を組み上げず、屋上からロープで降下し補修箇所でポジショニングし防水補修を行うことが可能です・・あくまでも部分補修限定です。
もちろん品質的には足場での作業が良いのですが、日頃ビルの窓ガラス清掃をはじめとする高所作業を専門としている当社だからこそ、ブランコ足場での確かな品質を提供できるのです。
雨漏りでお困りの際は、ご相談ください。

総数4件 1